妊娠中のかゆみ、カサツキ…。これだけで安心無敵ケアとは

KK_0d6wVRT295wl1524110980_1524111818

 

妊娠中期を迎えるころから、
肌がかゆくてしかたない!

そんなお肌トラブルを抱えるママは
たくさんいます。

中でも気になるのが、
お腹やおっぱいのかゆみ。

保湿がいいと聞いて、丁寧に保湿してるけど
かゆみが止まらない…。

中には、こんな人もいるほどです。

かゆみは、ひどくなると、
痛みを引き起こすことも。

そして、中には妊娠線を
生じさせてしまうこともあります。
・お腹とおっぱいのかゆみで困っている!

・市販の保湿剤や妊娠線クリームが効いているか不安!

・産後もきれいなお腹でいたい!
こうした悩みを抱えたママたちに
是非とも知っておいてほしいことがあります!

妊娠線は予防が大事!?絶対作らせないポイントは●●!

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

お腹やおっぱいがだんだん大きくなってきた。

そんな妊娠中期頃から
妊娠線について心配になってきていませんか。

妊娠中期は、急激にお腹が大きくなる時期。

そろそろ妊娠線ケアを始めなきゃ!
と思い至るママたちが多い時期でもあります。

しかし、この妊娠線ケア。

中期から始めたのでは、十分ではないのです。

その理由はどうしてなのでしょうか。

妊娠線は、何より予防が大事です。

出来る前に作らせないこと。

それが妊娠線ケアの第一なのです。

そして、そのためには、妊娠線発生の仕組みを
よく知っておく必要があります。

妊娠線とは、急激に大きくなる
お腹などに、皮膚の表面組織が
対応できずにできてしまう断裂のこと。

肌がかたくなっていたり、乾燥していると
この妊娠線はできやすくなります。

そして、妊娠線の発生を防ぐためには、
お腹が大きくなる前からの肌コンディションが
とても大切。

きちんと保湿し柔らかく保っておくことが
妊娠線の防止にとても大切なのです。

産後では間に合わない!?妊娠線対策に必要なこととは

Picture1

妊娠線は、早めの予防対策が必要です。

そして、それは妊娠線発生前だけでは
ありません。

仮に妊娠線ができてしまったら、
産後に消すのはとても大変です。

多少薄くはなりますが、完全には消えません。

お腹は、赤ちゃんが生まれて小さくなっても
できてしまった妊娠線は消えないのです。

そういった意味からも、妊娠線には
早め早めの対策が必要。

遅くとも、急激にお腹が大きくなる中期、
できれば妊娠初期からのケアが有効です。

では、妊娠初期にはどういった
対策をとればよいのでしょうか。

妊娠初期はまだお腹も目立ちません。

本当に赤ちゃんがいるのかな?
という気持ちになることもたくさんあります。

人によっては、つわりがひどく、
臭いに敏感になる人もいます。

そういったデリケートな時期でも使える、
ママと赤ちゃんに安全な処方の保湿剤を
お腹やおっぱいに塗ってあげましょう。

妊娠線ケアは、出産から、
産後のお肌のひきしめまで必要です。

長期にわたり使うので、使い心地の良い、
お気に入りのクリームでケアすることが
何より大切です。

妊娠中のボディトラブル!かゆみカサツキの原因は…

bikkuri_01

妊娠中に気になるのは、
妊娠線の発生だけではありません。

突然のかゆみや肌荒れ、カサツキなど、
思いもよらなかった肌トラブルに
見舞われることも多いでしょう。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんを守るために
ママの免疫が低下しています。

そのため、普段は何でもない事で
アレルギーを起こしてしまうことも…。

今まで食べれたものが食べれない。

化粧品が急に合わなくなった。

一日中肌がかゆい。

化学繊維で肌荒れしてしまった…。

こうした症状が出てしまう人も
たくさんいます。

これらのかゆみやカサツキ。

お腹やおっぱい以外も、保湿を欠かさないことで
軽減させることができます。

しかし、どんなときでも、
添加物などの少ない、肌にやさしい保湿剤を
選ぶことが大切です。

妊娠中は今までの自分の身体とは
まったく異なる状態です。

肌が敏感になる人も多いので
肌荒れなど、悪化させないように
充分気を付けましょう。

妊娠線予防には保湿だけじゃない!陥りがちな失敗とは

w_1

お肌のかゆみやカサツキには保湿が有効です。

しかし、妊娠線予防には、
これだけでは十分とは言えません。

その理由は、妊娠線の発生する
メカニズムにあります。

妊娠線発生のメカニズムは、急激に大きくなる
お腹やおっぱいに引っ張られて
肌表面が断裂してしまうこと。

コレを防ぐには、もちろん保湿が大切です。

しかし、同じように大切なのが、
肌の再生を促すこと。

肌がどんどん伸びていくのに伴い、
肌を伸びやすく、また、肌表面の
再生を促すことが必要です。

また、急激な肌の伸びは、カサツキや
くすみを引き起こします。

お腹は普段日に当たることが少なく、
色の白い人がほとんどです。

そのため、妊娠による肌色のくすみは
とても目立ちます。

また、正中線が黒ずんでくるママも
たくさんいます。

この正中線の黒ずみも、保湿で改善できます。

妊娠線対策をしっかりしていれば、
比較的薄くすむ人が多いようです。

これさえあれば安心の妊娠線ケア。ママたちの人気商品は

point_01

妊娠したら気になる妊娠線ケア。

安全な処方で効果の高い専用クリームで
少しでも早めに対策することが大切です。

妊娠線対策には、なんといっても
ベルタマザークリーム。

長い間使うものだからこそ、
処方にこだわった作りが必要です。
・中期からの妊娠線対策で確実な効果を上げたい!

・ママにも赤ちゃんにも優しくて予防効果抜群!

・今ならキャンペーン中でお得にゲットできる!
こうした魅力がたくさんつまった
ベルタマザークリーム。

産後のキレイのためにも
今すぐ始めましょう!

妊娠線対策は今すぐ!